お問い合わせはコチラ

子育て科学アクシスブログ


ツタの絡まる裏庭と私、リベンジ編

皆様こんにちは、成田です。
 
一気に世の中オンライン化が進みましたおかげさまで、今や、おうちにいながらにして会議も取材もこなせる毎日と相成りました。
 
おうちにいる時間が長くなって余裕ができて、「そうだ、裏庭の掃除をしよう!」と思いたちました。
そう、うちの裏庭と言えば!皆様のご記憶にもあたらしい(笑)、
 
ツタの絡まる裏庭と私
 
昨年猛暑の夏の早朝にやらかした大失敗がございました。
今年は絶対に再発を阻止しようと、早め早めの草刈りを心掛ける私(進化した)。
 
ということで、軍手にゴミ袋と草刈りハサミを携えて、本日もまた裏庭に向かいました。
裏庭には宇宙人がなんかの光線を浴びせているのか、タンポポが茎の高さ約1m、茎の太さ約2㎝という大きさにまで成長し、濃い緑の生き生きとした葉っぱがロゼッタ直径約80㎝に堂々とそこここに広がっていました。壮観です。
 
それらをスコスコ引き抜いた後に、よく見ると昨年夏に奮闘して引きちぎったはずで引きちぎり残したツタの茎が、裏の柵にくるくるくるくる巻き付いており、あろうことか、そこにちっちゃい緑の葉っぱが生え始めている!!生命力、強っ!!
そう、根っこの部分は本当に固く太くなっててタンポポのようにはすっこ抜けず、昨年切断するだけにしておいた、その部分につながっていた僅かな茎が、生命をたたえて今新緑の季節に向かい羽ばたこうとしている~。
 
感動的なシーンではあります。が、今抜いておかねばえらいことになる!
 
と心を鬼にして私はまだ太さが十分でないちょっと枯れかかっている茎をビシバシ無情にも引きはがし、引きはがし・・・・
そして、手に集まったツタの茎の束、「これって・・?」
そう、リースの感触ではないですか。リースってこういうので作ってあるよね?
私にもできるかも?
このまま捨てちゃうのもなんだし、暇だし。
 
・・・ってことでそれからおうちにとってあった綺麗な紐やリボンやビーズを探してきて針金で止めたり接着剤で止めたりガサガサ1時間。
 

 
ちょっと~、かわいくないですか~?(自画自賛♡)
あり合わせだし、へったくそなんですが、ツタの絡まる裏庭に私はリベンジしたぞ、的な(笑)。
 
これを、いい天気だったのでお庭の玄関先で道具広げて作ってたら、いつもは無人なので「自分の庭」としてご利用いただいている無数の鳥さんたちがやってきては、「バサバサ・・・(お気に入りの枝に着地)ふう、・・あっ!?あれっ!!なんか人間いるし!!やば!ピヨピヨ(びっくりした声)バサバサ(飛び立つ)」を繰り返しているのが面白かったです(笑)。
 
 
成田 奈緒子