お問い合わせはコチラ

子育て科学アクシスブログ


武田です

皆様、こんにちは!
ブログ初投稿!非常勤講師の武田です。
 
ゴールデンウィークが過ぎて1週間、気がつけば5月も半ばになってしまいました。
時が経つのが早いです・・・。
 
先日、農家をしている新潟の親戚のところに行って来ました。
毎年、我が家に甘い甘いトマトを送ってくれる親戚です。
お邪魔した日はちょうど田植えの日で、親戚同士が田植えを手伝って大忙しの日でしたがそんな中、「トマトのハウスを見に行く?」と声をかけてもらいビニールハウスに行くことに。
ビニールハウスの大きさにびっくり!!
埼玉の工業地域に住んでいる私にとっては50mプールぐらいの大きさに感じました。
中に入ると、一面トマト畑!
130㎝くらいの高さに伸びたトマトのつるにがずらり。
7㎝ほどの緑色のトマトの実が赤くなるのを待っていまいした。
幼い頃に読んだ、「いちごばたけのちいさなおばあさん」をいちごではありませんが思い出しました。
足元の土を見ると土はカラカラに乾き、土に近い葉は枯れていました。
できるだけ水を与えないようにギリギリまで我慢させて糖度を上げているとのことでした。
水を我慢しているトマトを愛おしく思い、心の中で「頑張れ!トマト」。
 
ふと、人も何かに苦労した人ほど美味しい?いや魅力的!作物と一緒じゃない!
人によって苦労の感じかたは違いますが、乗り越えた時にさらに魅力的な人になるのではないかとトマト畑を後にした車中で考えたしだいです。
 
美味しくなるにために多少の苦労は、その先の自分自身のために乗り越えなければなりませんね。
 
武田由里江