お問い合わせはコチラ

子育て科学アクシスブログ


47歳、真夏の大冒険

上岡です。
47歳の私はこの夏、一匹のセミを捕まえました。
大型ショッピングセンター施設内でです。
どうしてこうなったかというと、私の背負ったリックにのり、外からついてきたのです。
どうりで、すれ違いざま見られていたわけだ。
なにげに背中に伸ばした手にすっぽり入ったセミでした。
どこかスイッチを押してしまったのか、いままで息をひそめていたセミが、その瞬間から響きわたる声を発し出しました。
「ジジジジッ」
すれ違う人どころか、遠くの方にいる多数の買い物客をも振り向かせました。
さて、どうしましょう。
私はもう片方の手で包むようにセミに蓋をしてみましたが、声を遮れるわけはありません。
「ジジジジッ」
ショッピングセンタ―の他のフロアの方たちも、聞こえるはずのない声にキョロキョロしだしました。
私は来た通路を戻り、出口に向かいました。
「ジジジジッ」
大人たちは眉を顰めながら、子どもたちは興味津々の目で、その声の主を探しました。
音源が私であることに気づく方もいました。そんなときはスマイルです。
(怪しいものではないですよ。セミを見つけたので今から外に行くのですよ)
慌てず急がず周囲に愛想振りまきながら、外に出、覆っていた手をのけました。
すぐに飛び立つものだと思いました。
私にとっては4,5分の脱出劇でしたが、彼の寿命から考えれば、それは2週間にわたる大冒険であったでしょう。
冒険を共有した仲間との別れを惜しむよう、私の手のひらでしばらくすごし、それから空へ飛びたちました。
いいことをしたと思いました。いい思い出をもらいました。
歩き始めの一歩目がひざにくる、47歳の夏の話です。
 
上岡