お問い合わせはコチラ

子育て科学アクシスブログ


幸せの青い鳥、増殖中!

皆さんこんにちは、成田です。
 
その日は朝から快晴で大変気持ちの良い、春の日でした。
アクシスに出勤しようと、今日も空を見上げて南流山駅付近を歩いていると(私、鳥好きなので、結構いつも上を見て歩いてます。危険です(笑))、冴えわたる澄んだ鳴き声が高~~いところから聞こえてきます。
「なななんだ!誰だ?!」とびっくりして探すのですが、それなりに高いマンションの屋上に鳥さんはいるらしく、姿を確認することはできません。
どうしてもその声の持ち主が誰なのか知りたくて、声の記憶を頼りにスマホでいろいろ検索かけてみたら、「イカル」という鳥さん名が出てきました。(ご興味ある方はネット検索してみてください。とってもきれいな鳴き声を聞くことができますよ!)なるほど、イカルという名前なんだ。本物見てみたいなあ、なんて思っていました。
 
が、それから数日経ったある日、またしてもあの美しい声が聞こえてきました。今度は高いビルの屋上に止まって誇らしげに歌う鳥さんそのものの姿も確認できました!
 

 
おおっ!!
写真では確認しづらいでしょうが肉眼でははっきり確認できる、この抜けるような青空に負けない青い背中はっ!
そして派手めに映る赤いお腹はっ!
もともとは海沿いの崖っぷちのような場所に好んで住まうその性質を捨てきれず、今も都会で崖っぷちを探し続けるこのお姿はっ!
 
そう、皆さまご記憶でいらっしゃるでしょうか。
昨年7月に「レッテルをはがして生きていく」というタイトルのブログで、南流山駅付近にて私が生息を確認し報告いたしました、イソヒヨドリ様でございます~~~。
その際には目の前をつつ~っと飛び去る姿しか見られず、まさかこんなにも美しい鳴き声をお持ちとは、まったく知りませんでした。(ご興味ある方はネット検索してみてください。とってもきれいな鳴き声を聞くことができますよ!)
間違いありません。先日聞いた鳴き声は、イカルではなく、イソヒヨドリのものだったのですよ皆さん。
この子が、昨年見かけた子なのか、その子孫や親せきなのか、はたまた「ここ住みやすいで~」いう友人の誘いに乗って移住してきた子なのかはわかりませんが、とにかく、とてもうれしいイソヒヨドリとの再会、そして初めて聴く美しいさえずり声でした。
 
ですがですが、これで話は終わらないのが成田のすごいところ(笑、自画自賛)。
その翌日私は居住地の市役所に用事があってまいりました。
待ち時間が長いので、「この間に市役所の周りを一周歩けばウォーキング歩数を稼げる!」とエクササイズに余念がない私はえっほえっほと市役所周りを歩いておりました。
すると!
 

 
うわうわうわ~~!
こっち見て、ポーズ取ってる!
確かに「ヒヨドリ」と名がつくだけあってヒヨドリと大きさや立ち姿がそっくりです。
でも、実はヒヨドリとは全く異なる種らしく、どっちかというとツグミに近いらしいです。
その通り、この時見たイソヒヨドリは、全然高いところにいなくて、芝生の上を行ったり来たりてくてく歩いてて、本当にツグミそっくりでした。
この子もオスですが、一声も鳴いてはおりませんでした。
 

 
なんだか、2日続けて幸せの青い鳥に出会えて、本当に幸せになったような気分にさせてもらえました。
高らかにビルの屋上で歌う子も、ぽくぽく芝生を歩く子も、本当にかわいかったです。
 
皆さん、南流山駅近辺では、イソヒヨドリが旬を迎えております(笑)。
ぜひイソヒヨドリの美しい鳴き声を愛でるついでに、アクシスにもお立ち寄りくださいませ。
お待ちしています!
 
成田 奈緒子
 
 
 
 

あわせて読みたい関連記事

2021.06.18
今年の梅は豊作だ!
2021.06.18
ワクチン接種
2021.05.18
置き土産