お問い合わせはコチラ

子育て科学アクシスブログ


「正しい親とは。」とそれが達成困難であることについて

こんにちは、成田です。
 
今年も、おかげさまで多くの方にアクシスをご利用頂きまして、本当にありがとうございました。
 
私は自分の実子は一人しか育てていませんが、子どもの引きこもり、不登校、学校での問題行動、等々様々な悩みを抱えつつ、でもけなげに生活し続ける皆様の言葉を聞かせてもらううちに、いつしか何百人もの子がいるがごとき、育児疑似体験を積み重ねさせて頂けております。
 
そんな、何年も見続けた疑似子ども達の中には、目覚ましい成長を遂げてまるで別人!化する子や、残念ながらそれほどは思ったように育たない子や、様々なパターンがあります。
 
これらの子達すべてを俯瞰的に見たとき、私には「正しい親」像がクリアに見えてくるのです。
 
1、親は、待たなければならない。
2、親は、感謝しなければならない。
3、親は、笑わなければならない。
 
何に、とか、何を、とかはケースバイケースですが、すべからくうまく育った子の親は1ー3すべてが達成され、うまくいかない子の親は、大概1ー3すべてが達成されていません。
 
もちろん実子を育てている私には、1ー3のすべてを常に達成することが、どれ程困難を極める作業か、わかっています。
私だって、しょっちゅう子どもと対峙して泣きたくなり、ガッカリし、恨みたくなり、アドバイスと言う名の脅しをかけたくなります。いや、かけてるかもしれない。
 
でもそれでも、待とうとすること、感謝しようとすること、笑おうとすることは常に止めません。それが唯一、親が子どもにやってやれることだから。
 
今道に惑う親御さん達に、私は、ただこの事だけ、伝え続けて行きたいです。
世界中の親が、子ども達が笑えますように。
 
成田  奈緒子