お問い合わせはコチラ

子育て科学アクシスブログ


ぼっち正月の思い出

こんにちは、成田です。
 
突然ですが成田はこの度、ぼっち正月を過ごすことになりました!!
元々娘は一人海外キャンプに行くことになっており、年末年始は夫と二人で過ごす予定だったのですが、あろうことかその夫が痛風になり、足が腫れ上がって靴が履けなくて単身赴任先から帰宅出来ず。
 
一人でお正月を迎えるのは何年ぶりだろう…と考えてみたら25才の時以来!
…と、懐かしく25才の年越しを思い出しました。
当時私は某病院の研修医。病院の敷地内の官舎に住み、内線電話が病棟からダイレクトに通じる環境で約1年暮らし続けていました。31日は、上司の先生の温情でやっとオンコール(ポケベル持っていつでも出動出来るよう待機 )から外れ、2日の外来まで「ぼっち正月 」を楽しもうとワインやチーズを買い込み、紅白歌合戦を見ながら楽しい大晦日を過ごしていました。
 
ちょうど歌合戦もたけなわ、聖子ちゃんあたりが登場した時分でしょうか…突然鳴り響く内線電話!「あんなあ、○○病院でツイン(双子) の未熟児が産まれてもてん。今から迎えにいくねんけど、クベース(保育器)2台やろ、手伝ってくれへん?」上司からでした。
……その病院まで片道1時間の山道です。救急車って、極めて乗り心地悪いんです。行きはともかく帰りは、生まれたての未熟児の状態が急変しないようクベースの上から覗き込みつつ酸素投与しつつ、上下左右に激しく揺れる車内で私は、だいぶ飲んでたワインが出てこないように必死で堪え忍んでおりました。辛かった……
 
結局その子達の処置と経過観察をしているうちにいつのまにか年は明け、元旦はその子達の交換輸血で日が暮れ、そして2日は待ってましたと訪れた200人の患者さんの外来診療をしているうちに終わり……
あー、つまり私はこの時の正月は、ぼっちにはならなかったんですね。
今書いてて気づきました。
じゃあ、今回が初めてです!ぼっち正月♪
 
少し寂しいけど、たくさん楽しみです。
ずっと突っ走って来て、たくさんの方に出会って、繋がって楽しくて嬉しくて幸せです。が、でも一人の時も大切です。特に超インドア派の私としては、久し振りのたくさんの一人時間が贅沢なご馳走に思えます。
上岡さんご推薦のビデオもたまっているし、読みたい本もたくさんあるし、そうは言っても仕事もあるし。
しっかり充電して更なる理論武装をして、来年もパワフルに活動できるようにしたいです。
 
今年の終わりは、たくさんのみんなへのたくさんのありがとうで締めくくりたいと思います。
I love you all from the bottom of my heart.
You saved my life, by letting me know I’m not that worthless.
I wish your coming year will be the best one ever, and hope happiness will surround you all the time with plenty of peaceful smiles.
 
皆様、良いお年を
 
成田奈緒子