お問い合わせはコチラ

子育て科学アクシスブログ


1人旅の話

1人旅が大好きです。
どうも、上岡です。
まだまだ暑い日が続いていますね。
8月上旬は、「北へ向かえば涼しいはず」というロールプレイングゲーム並のアバウトな世界観で、東北に行ってきました。
ねぶた祭りです。
「らっせらっせらっせらっせ!」のねぶた祭りです。
祭りの神々しさや地元の方の踊りなどは勿論ですが、
「よぐ来だね」と青森弁で迎えてくれたタクシーの運転手さんとの会話、
祭り帰りに混雑する電車内で参加した、息の合った乗客のゆずりあいプレイ、
行かなければわからなかった「涼しくなかった東北」、
等、サブな思い出も強く記憶に残っています。
 
今年の4月は、小笠原諸島にも行きました。
島自体が世界遺産なので、見所は多々ありましたが、サブな思い出もひけをとりません。
「あたし、妹夫婦にお呼ばれしたから、留守番しといてね」と民宿の大家さんに留守番を頼まれたこと、
カフェでコーヒーを飲んでいるとき、肩に小鳥が止まったこと、
観光スポットツアーでご一緒した5人家族が、昼間から見せてくれた嫁姑劇場、
森林ツアーだったのに雨が降ってきて、途中から小さな水族館にカメを見に行くツアーになったこと、
ツアーで一緒になり、帰りの船内でも、帰港後の山手線のホームでも偶然会ってお話し、名前も連絡先も聞いてないのに、毎回、互いに「じゃ、またね」と挨拶をした人、
 
そんな素敵な体験を繰り返すと、次にしたくなるのはアウトプットです。人に話したくなります。
私にとって旅行とは、戻って、旅行話を人にするまでが旅行です。
人に話すことで1人旅が完結するので、「1人旅」の言葉の響きに寂しさは感じません。
 
と、まあこんな旅行話をしていると、「そんなに旅行が好きなら、なぜお前は外国に出かけない?」とうちの代表から言われます。
私にとって旅行とは、国内です。外国は「旅行」のカテゴリーに入れてません。あれは「冒険」です。別物です。
決して飛行機が怖いわけではありません。