お問い合わせはコチラ

子育て科学アクシスブログ


10月3日(日)10時~12時は「こころの脳の育て方オンライン~”起立性調節障害”のウソ?!~」を開催!

2021.08.27

10月3日(日)10時~12時は「こころの脳の育て方オンライン~​”起立性調節障害”のウソ?!~」(担当:成田・上岡・藤原、5P)を開催します!
 
最近増えてると言われるこの”起立性調節障害”という病名、皆さんはお聞きになったことがありますか?
別名「自律神経失調症」とも呼ばれるこの状態は、その名の通り自律神経の不調によって「起き上がると辛い!」と言う症状が現れます。
 
具体的には「朝なかなか起きられない」「頭痛や腹痛が多い」「たちくらみやめまいがする」「じっと立ってると気分が悪くなる」「乗り物酔いしやすい」などの項目をいくつか満たすことに加え、確定診断には病院で、横になっているときと立ち上がった時の血圧や脈拍の差を調べます。
 
この”起立性調節障害”、小児心身医学会の報告では、小学生で5%、中学生では実に10%が罹患しているとか!
大人でももちろんみられます。思春期や更年期に合併して出やすいという報告もあります。
この疾患があると学校に定刻に登校することや、出勤することが難しくなることも多いため、不登校や引きこもりになっても”起立性調節障害”があるから「しかたない」と言われます。
朝起きられない・朝食欲が出にくい子どもたちも”起立性調節障害”があるから「しかたない」と言われます。
仕事に遅れがちな会社員も”起立性調節障害”があるから「しかたない」と言われます。
 
しか~し!今回のワークではあえてこの疾患に「ウソ?!」とダメ出しをしてみたいと思います。
なぜなら、ご存知の方も多いでしょうが、誰あろうこのアクシス代表成田奈緒子こそ、幼少期からひどい”起立性調節障害”に悩まされてきた経験があるからです。
毎朝目の前真っ暗な状態で布団から這い出し、駅に着くまでに3-4回道端に座り込んで休憩して、やっとのことで通学していました。朝礼では毎回ぶっ倒れてました。温泉で気を失いました。
そんな私がなぜ今、朝は3時4時に平気でスパッと起き出し、がりがり仕事をし、朝風呂に1時間入り、朝ごはんをこれでもかというほど作って食べ、「私、絶対に遅刻しませんから!」を貫いていられるのか。
なぜ、私のところに来る「絶対に午後2時からしか登校できない」子たちが高校に入って朝5時起きで自転車登校できるようになるのか。
「あっちゃん」こと中田敦彦さんのYouTubeにも取り上げていただき、大好評をいただいている著書「子どもにいいこと大全」の内容や、理論と実践をもとにした「自律神経鍛え」のお話しを、アクシススタッフ成田・上岡・藤原とともにしてみたいと思います。
 
★Google MeetでPC、スマホから簡単につながっていただけます。
初めての方でも大丈夫!つなぎ方は徹底サポートしますよ。 マニュアルはこちらです。
↓↓
【会員用】オンラインマニュアル
 
★9時45分から使い方の説明(ワーク中、チャット機能を使って発言する方法など)があり、ワーク自体は10時から開始となります。

あわせて読みたい関連記事

2021.09.22
私のセリフ
2021.09.14
マウンテンゴリラの家族にあこがれて
2021.09.07
47歳、真夏の大冒険