お問い合わせはコチラ

子育て科学アクシスブログ


ビールの話

上岡です。
夏ですね。
 
「君、出身はどこ?」
「三重です」
「三重か~。三重と言ったらこの季節、仕事帰りのビールが最高にうまいでしょう!」
 
私が大好きだったコンビ「フォークダンスDE成子坂」のネタからの抜粋です。
当然「この時期はどこででも、仕事帰りのビールはうまいわい!」という突っ込みが入ります。
 
というわけで、夏ときたらビールですね。
私はお酒が弱く、起きたらゴミ袋と一緒に寝てたなどの武勇伝はありません。
飲みの席は、ただただおとなしくなりだるくなり眠くなり丸くなり。
そんなときに話しかけられたら、エヘラエヘラと愛想笑いをするだけです。
「飲まない人はそのぶん食べなよ」とよく言われますが、食べ物ってそんなに腹に入りません。
呑めない私に周囲は「付き合いが悪い~」と言ってきましたが、知らんわい!
 
そのうち、日本酒を飲むようになりました。
周囲がガブガブとビールを飲む中、日本酒はちびりちびりとだらだらと呑むことができ、結果、なんとなく周囲と同じぐらい呑んでいる雰囲気を醸し出すことになってました。だから「付き合い悪い」と言われなくなりました。
しかし基本弱いので「とりあえずビール」をしてる余裕がありません。
最初の注文が最後の注文になるからです。
「とりあえず、ハンバーグ定食」と言わないとの一緒です。
ですから美味しい日本酒を最初のオーダーで注文します。
日本酒を注文する私に周囲は「いきなり日本酒かよ!酒、強っ!」と言ってきましたが、知らんわい!
 
そして30代後半のある暑い日。突然『喉越し』を悟りました。
ビールを流し込んだ時。
ひんやりしたものが一旦喉を通り過ぎた直後、シュワシュワシュワと喉に戻ってくるあの感覚。
こ、これが『喉越し』というものか!!
日本酒は今でも好きですが、夏だけは「とりあえずビール!」になりました。
「とりあえず」は恰好つけて加えているだけです。とりあえずもなにも、その一杯でくたばります。
あいかわらずお酒に弱い私に周囲は「経済的でいいな」と言ってきました。
同じ行動なのにそう言われて、私も周囲も急に大人になった感じがしましただ。
 
私はアルコールは弱いのですがお酒の席は好きです。
上機嫌になっている人たちを見てるとこちらも楽しくなりますし、私も短い時間ながらも上機嫌になります。
たまーに羽目を外す人もいます。
私の経験上、羽目を外す人って普段はとってもニコニコしています。優しくって笑顔で。
裏っかえせば気を使いすぎているから、アルコールで前頭葉が弱まると一気に気持ちが吹き出るんでしょうね。
 
さて、そんなストレスフルな方にむけて、
いささか強引ですが…
上岡著の「ストレスは集中力を高める 過度なストレスをほどよいストレスに変えるワーク」が8月に発売されます。
ストレスを無くすことはできませんが、ストレスを味方にできれば、あなたの力を最大限に生かすものになります。
ほどよいストレスにするワークを掲載しておりますので、ご興味ある方は近日中にアクシスに見本の書籍も届きますので、お目をお通しくださいませ。
 
上岡

あわせて読みたい関連記事

2019.09.06
◎実践!ストレスコーピング◎
2019.09.03
怪談の話
2019.08.20
ツタの絡まる裏庭と私